#社員紹介

「五島さん、お願い!」の声が、
私のやる気の源です。

2018年新卒入社(第二新卒)
五島 今日子
事務

※役職は2021年4月時点

小泉に転職して五島さんが就いた職業は、事務職。バックオフィスや裏方と表現されることのある仕事ですが、小泉の場合はお客さまと対話する機会も非常に多く、事務職はむしろ「小泉の顔」です。接客が好きという五島さんに、転職理由やどういったコミュニケーションを大切にされているのかを伺いました。

転職理由を教えてください。

前職はアパレルスタッフでした。お洋服が好きなんです。ただ夜遅くなることも多く、不規則な生活が続いて、働き続けることが難しいと感じたんですね。そこで、安定して働ける会社を探しているときに、母から小泉を紹介してもらいました。母が勤めている会社は、小泉のお客さまなんです。
小泉の休日はカレンダー通り。退勤時間は定時で17:30。繁忙期で遅くなっても20:00には退勤できています。入社後研修は1ヶ月もあり、営業所配属時も安心して業務をスタートさせることができました。育産休・育休も整っていて、ママさん社員だけでなく、パパさん社員も制度を利用されているので、このあたりも安心することができています。
前職を退社してから当社に就職するまで、3ヶ月ほど仕事をしていない期間があったんですが、そのとき体感したんです。仕事って生きがいになるんだなって。長く働ける会社を選んだ理由は生活のためもありますが、人生を充実させたいという理由も大きいです。

働くなかで大切にしていることは?

コミュニケーションですね。小泉の事務職は、パソコンの前にずっと座っているわけではありません。むしろコミュニケーションがメインのお仕事です。午前中は、営業所に資材を買いに来るお客さま対応やメーカーへの発注依頼がありますし、午後も引き続き接客や電話対応に費やす時間が多いです。
あと、売上をつくるためのサポートも大切なお仕事です。実は小泉では、住宅設備や建築資材とは直接関係のない商品も定期的に仕入れているんです。たとえば、ブランケットもそのひとつです。来所されたお客さまに「最近、寒くなってきましたが、車の中にブランケットがあれば便利ですよ」とか、「こちらのお色は今季のトレンドカラーで……」というふうにオススメしています(笑)。これは前職のアパレル経験が活かせることもあって、私がご案内すると購入につながると、営業所のみなさんから褒めていただきます。

目標を教えてください。

目指しているのは、「頼まれやすい事務員」です。
お客さまはもちろん、社内の方からも頼ってもらえる存在になりたいですね。いつでも気軽に声をかけてもらうためには、名前や顔を覚えてもらわないといけません。そのために、誰よりも先に電話に出るようにしていますし、お願いされたこと以上のことをしようと心がけています。
ご注文いただいた資材の在庫がなければ、ただ在庫状況をお伝えするだけでなく、他の営業所に確認したり、入荷状況を細かく電話で報告したり。当社ではスマホアプリでも商品をご発注いただけるのですが、そのアプリの使い方がわからないというお客さまには、対面でご説明したり。他にも会話の中にちょっとした雑談を交えるだけで、相手に元気を届けることができると感じています。
そうして顔を覚えてもらって、お客さまや営業所のみなさんから「五島さんちょっといい?」なんて名指しで呼ばれるとき、必要とされていると感じて、それが仕事のやりがいになっています。もともと接客が好きということもあり、誰かの役に立つことを実感できるこの職場で、自分の理想像を実現したいです。

ENTRY